企業概要

Corporate information
会社設立昭和24年4月1日
資本金4,000万円
代表取締役社長堀内 資公
従業員150名
年商140億円
本社横浜市西区高島2-19-21
本社事務所川崎市川崎区東田町2-11
TEL:044-244-0271/FAX:044-244-0275
直営SS16SS
取引先SS7社7SS
事業内容自動車用、産業用、船舶用燃料及び潤滑油の卸・給油所販売、自動車修理、損害保険代理業 等
主要得意先官庁、富士通株式会社、JFEエンジニアリング株式会社、川崎鶴見臨港バス株式会社、大成建設株式会社、川崎化成工業株式会社、株式会社大林組、鹿島建設株式会社、東日本電信電話株式会社(NTT東日本) 他
主要仕入先ENEOS株式会社、ENEOSトレーディング株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、損害保険ジャパン株式会社 他
表彰横浜中税務署優良法人表敬
軽油税特別徴収義務者県知事表彰
全国優秀給油所資源エネルギー庁長官賞表彰
アセントグループ東北オートメカニック株式会社
許認可揮発油販売登録通知書(通産省) 東第12228号
石油製品販売業開始届出書(通産省) 3-14-0-6861号直営給油所
ISO14001:2015(登録事業所:本社事務所) 登録証番号3067 

企業沿革

Corporate history
昭和24年4月1日神奈川菱油株式会社創業
昭和25年8月三菱石油株式会社と特約店締結
平成11年4月日本石油株式会社と三菱石油株式会社の合併により、日石三菱株式会社(現:ENEOS株式会社)と特約店継承
平成15年4月1日神奈川菱油株式会社から株式会社アセントへ社名変更
平成22年7月新日本石油株式会社グループと新日鉱ホールディングス株式会社グループの事業統合により、JX日鉱日石エネルギー株式会社(現:ENEOS株式会社)と特約店継承
平成29年4月JXエネルギー株式会社と東燃ゼネラル石油株式会社の事業統合により、JXTGエネルギー株式会社(現:ENEOS株式会社)と特約店継承

企業理念

Corporate philosophy

環境方針

Environmental policy

災害に対しての取り組み

Disaster countermeasures

石油製品は、生活や経済に必要なエネルギーの最後の砦となるものです。

当社は、その石油製品を供給を担う企業の責務として、災害発災時に少しでも早く地域の復興・安定がなされるように、社内体制を強化すると共に、日頃から訓練をおこなっています。

当社では、毎年3月11日と9月11日に全社で防災訓練を実施し、災害発生時に大切な初期対応や、SS設備の点検、緊急用発電機の動作確認などを繰り返しおこなうことで、万が一に備えています。